第28回 日本産業衛生学会全国協議会

会期:2018年9月14日(金) 15日(土) 16日(日) 会場:東京工科大学蒲田キャンパス3号館・12号館・片柳アリーナ

日程概要

  日程表  

開会式

9月15日(土) 9:45~10:00 第1会場(片柳アリーナ)

基調講演

基調講演1 「働き方の変革期における戦略的産業保健」
9月15日(土)10:00~11:00 第1会場(片柳アリーナ)
座 長: 柳澤 裕之(東京慈恵医科大学 環境保健医学講座)
演 者: 五十嵐千代(東京工科大学 医療保健学部 看護学科・産業保健実践研究センター)
基調講演2 「働き方改革の行方」
9月15日(土)11:05~11:50 第1会場(片柳アリーナ)
座 長: 川上 憲人(東京大学大学院 医学系研究科)
演 者: 田中 誠二(厚生労働省 労働基準局 大臣官房審議官)

メインシンポジウム

「働き方の変革期における戦略的産業保健 ~すべての働く人々の健康のために~」
9月15日(土)13:20~15:30 第1会場(片柳アリーナ)
座 長: 五十嵐千代(東京工科大学 医療保健学部 看護学科・産業保健実践研究センター)
浜口 伝博(ファームアンドブレイン有限会社)
MS1 働き方改革と健康経営
樋口 美雄(慶應義塾大学)
MS2 東京海上における「戦略的産業保健」
北沢 利文(東京海上日動火災保険株式会社)
MS3 産業医の視点から見た働き方変革期における産業保健の課題
土肥 誠太郎(三井化学株式会社 本社健康管理室)
MS4 産業保健看護職の果たす役割、持つべき能力とは
住徳 松子(アサヒビール株式会社 博多工場 健康管理室)

4部会合同シンポジウム

厚生労働省報告
「働き方の未来2035」から考える産業保健 ~5つの未来事例からのヒント~
9月16日(日)9:00~11:00 第2会場(大講義室)
座 長: 大久保靖司(東京大学 環境安全本部)
掛本 知里(東京有明医療大学 看護学部)
GS1 ダブルワークや社内企業で社員みんなが企業主 産業医部会から
宮本 俊明(新日鐵住金(株)君津製鐵所 安全環境防災部 安全健康室)
GS2 AIが真似できない人間にしかできない仕事 産業看護部会から
中野 愛子((株)日立製作所 システム&サービスビジネス総括本部
      人事総務本部 京浜地区産業医療統括センタ)
GS3 遠隔化と地域保健との融合 産業歯科保健部会から
加藤 元(日本アイ・ビー・エム健康保険組合 予防歯科)
GS4 生涯現役!高齢者の働き方と健康のエイジマネジメント 産業衛生技術部会から
對木 博一(合同会社アール)

教育講演

教育講演1 「働き方と健康」
9月15日(土)13:20~14:20 第4会場(階段教室2)
座 長: 吉川 悦子(日本赤十字看護大学 看護学部)
演 者: 黒田 祥子(早稲田大学 教育・総合科学学術院)
教育講演2 「現代・安衛法「歯科特殊健康診断」の考え方、やり方」
      (兼 産業歯科保健部会後期研修会)
9月15日(土)13:20~14:50 第6会場(31013)
座 長: 藤田 雄三(藤田労働衛生コンサルタント事務所)
演 者: 矢崎  武(COH労働衛生コンサルタント)
指定発言: 戒田 敏之(茨城県歯科医師会)
教育講演3 「非正規雇用と働き方改革」
9月15日(土)14:30~15:30 第3会場(階段教室1)
座 長: 寺田 勇人(高輪労働衛生コンサルタント事務所)
演 者: 矢野 栄二(帝京大学大学院 公衆衛生学研究科)
教育講演4 「米国のインダストリアル・ハイジニスト」
      (兼 産業衛生技術部会研修会)
9月15日(土)14:30~15:30 第10会場(30211)
座 長: 宮内 博幸(産業医科大学 産業保健学部 環境マネジメント学科)
演 者: 持田 伸幸(JXTGエネルギー株式会社 川崎製油所 環境安全グループ)
教育講演5 「肝炎治療の今 ~治療と就労の両立支援のために知っておきたいこと~」
9月15日(土)17:00~18:00 第3会場(階段教室1)
座 長: 清水 靖仁(新日鉄住金(株))
演 者: 持田  智(埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科)

特別講演

特別講演1 「コミュニティ・デザイン」
9月16日(日)14:00~15:30 第2会場(大講義室)
座 長: 井口 理(東京工科大学 医療保健学部 看護学科)
演 者: 山崎 亮(studio-L代表)
特別講演2 「下町ボブスレーに見る町工場のパワー」
9月16日(日)15:40~16:40 第2会場(大講義室)
座 長: 伊藤 雅代(キヤノン株式会社 安全衛生部 健康支援室)
演 者: 細貝 淳一(株式会社マテリアル 代表取締役社長・
      下町ボブスレープロジェクト委員長)

公募企画

公募企画1 「治療と仕事の両立を実現するために何が必要か?」
9月15日(土)16:30~18:30 第4会場(階段教室2)
座 長: 柳澤 裕之(東京慈恵医科大学 環境保健医学講座)
堤  明純(北里大学 医学部 公衆衛生学)
KK1-1 治療と仕事の両立支援を実現するために何が必要か?
~企業の取組、医療機関の取組、そして両者の連携体制の構築~
柳澤 裕之(東京慈恵会医科大学 環境保健医学講座)
KK1-2 神奈川産業保健総合支援センターの取り組み
渡辺  哲((独)労働者健康安全機構 神奈川産業保健総合支援センター)
KK1-3 医療機関の取り組みと連携の課題
須賀 万智(東京慈恵会医科大学 環境保健医学講座)
KK1-4 ヒアリング調査から抽出された、専従の産業医を選任していない規模の
事業所において両立支援が有効に機能するための要因
遠峰 良美(株式会社キャンサースキャン 介入研究事業本部)
KK1-5 中小企業における治療と仕事の両立支援の推進のために
江口  尚(北里大学 医学部 公衆衛生学単位)
KK1-6 指定発言
大橋  力(東京海上日動火災保険株式会社 人事企画部健康管理室)
KK1-7 衛生管理者が両立支援にどのように関与すればよいか?
對木 博一(合同会社アール)
公募企画2 「産業医の権限強化について ~産業医の勧告権について考える~」
9月16日(日)9:00~11:00 第3会場(階段教室1)
座 長: 岸  玲子(北海道大学 環境健康科学研究教育センター)
上原 正道(ブラザー工業(株)健康管理センター)
KK2-1 産業医の権限強化について~産業医の勧告権限強化について考える~
三柴 丈典(近畿大学 法学部 法律学科)
KK2-2 産業医の権限強化と勧告のプロセスについて
土肥誠太郎(三井化学(株) 本社健康管理室)
KK2-3 嘱託産業医活動における勧告権強化の効果と課題
竹田  透(労働衛生コンサルタント事務所オークス)
KK2-4 産業医の権限強化について~産業医の勧告権について考える~ 産業医部会の立場から
森口 次郎(一般財団法人京都工場保健会 産業保健推進部)
公募企画3 「多職種で考える!産業看護職の存在意義~産業看護職の「強み」とは~」
9月16日(日)9:00~11:00 第4会場(階段教室2)
座 長: 金森  悟(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
楠本 真理(三井化学株式会社)
白田千佳子(株式会社リンケージ)
KK3-1 多職種で考える!産業看護職の存在意義~産業看護職の「強み」とは~
木村 大地(株式会社リンケージ)
KK3-2 産業医の立場から見た産業看護職の強み
佐々木規夫(東京中央産業医事務所)
KK3-3 現場産業看護職の立場から見た産業看護職の強み
岩崎 美枝(日本電気(株) 地域健康管理センター)
公募企画4 「小規模事業場で働く人々に対する戦略的健康支援」
9月16日(日)9:00~11:00 第10会場(30211)
座 長: 松本 泉美(畿央大学 健康科学部 看護医療学科)
柴田 英治(愛知医科大学 医学部 衛生学講座・中小企業安全衛生研究会)
錦戸 典子(東海大学 医学部 看護学科・中小企業安全衛生研究会)
KK4-1 韓国の産業保健管理
鄭  惠先(カトリック大学 保健大学院)
KK4-2 地域産業保健センターにおける実践活動の課題 ~ 全国調査結果から ~
菅原  保(医療法人健友会 本間病院,酒田地域産業保健センター、
      山形産業保健総合支援センター)
KK4-3 福岡中央地域産業保健センター(地域窓口)における健康支援連携の現状と
今後の可能性
中尾 由美(福岡中央地域産業保健センター(地域窓口)/
      中尾労働衛生コンサルタント事務所ワーク&ヘルス)
KK4-4 小規模事業場への職場の健康リスクに基づく支援-小規模事業場の産業保健を
日本の公衆衛生政策の本流に-
服部  真((公社)石川勤労者医療協会 城北病院 健康支援センター)
公募企画5 「検知管・直読計の使い方、 リスクアセスメントでの活用法」
9月16日(日)9:00~11:00 第7会場(31014)
座 長: 村田  克(早稲田大学)
KK5-1 化学物質のリスクアセスメントにおける検知管と直読計の活用
橋本 晴男(東京工業大学 キャンパスマネジメント本部 総合安全管理部門)
公募企画6 「労働生産性の向上や職場の活性化に資する健康管理及び 健康増進手法」
9月16日(日)14:00~16:00 第4会場(階段教室2)
座 長: 森  晃爾(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室)
島津 明人(北里大学 一般教育部 人間科学教育センター)
KK6-1 職種の違いによる健康問題による労働生産性の低下
永田 昌子(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室)
KK6-2 労働生産性の経済学指標の検討
黒田 祥子(早稲田大学 教育・総合科学学術院)
KK6-3 職場活性化と生産性向上に資する参加型職場環境改善手法の検討
吉川 悦子(日本赤十字看護大学 看護学部)
KK6-4 ジョブ・クラフティングプログラムの開発とその効果
櫻⾕あすか(東京⼤学⼤学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻精神保健学分野)
公募企画7 「化学物質による経皮吸収ばく露防護: 化学防護手袋の適正な選定、
      使用および交換(廃棄)を提案する」
9月16日(日)14:00~16:00 第10会場(30211)
座 長: 田中  茂(十文字学園女子大学大学院)
上村 達也(化成品工業協会技術部)
KK7-1 経皮吸収防止のための薄手手袋2枚重ねの有効性についての検討
~化学物質を用いた実験用途を中心として~
牛澤 浩一(理化学研究所 安全管理部)
KK7-2 パッシブサンプラ-を用いた手袋内外測定方法の開発
宮内 博幸(産業医科大学 産業保健学部 環境マネジメント学科
      作業環境計測制御学)
KK7-3 手袋の透過に対するPIDセンサの活用方法の提案
寺内 靖裕(理研計器株式会社 営業技術部)
KK7-4 事業場における化学防護手袋の選択、着用、保守管理等に関する実態調査
加部  勇(株式会社クボタ)
公募企画8 「多職種連携で実現する健康職場」
9月16日(日)14:00~16:00 第7会場(31014) 
座 長: 能川 和浩(千葉大学大学院 医学研究院 環境労働衛生学)
KK8-1 機能分析の手法と実践
小林 由佳(本田技研工業株式会社 人事部 人事課)
KK8-2 多職種連携で実現する健康職場~参加型アプローチとは~
飯田裕貴子(東京工業大学大学院 総合理工学研究科)
公募企画9 「過重労働問題に対する労務・労働衛生マネジメント 実務について」
9月16日(日)14:00~16:00 第6会場(31013)
座 長: 野原誠一郎(中央労働災害防止協会)
福本 正勝(株式会社i-OH研究所)
KK9-1 過重労働問題に対する労務・労働衛生マネジメント実務について
-産業医の立場から-
中島  宏(防衛医科大学校 衛生学公衆衛生学講座)
KK9-2 過重労働改善を推進する際にネックとなる労働者の考え方と、量質両面から
考える現場労務管理
近嵐 修一((株)DNPテクノパック)
KK9-3 過重労働・長時間労働是正の実務-労働基準監督署の臨検対応の先にある
衛生管理者の役割
佐野 吉昭(佐野経営労務オフィス)
KK9-4 労務管理と労働衛生管理について
對木 博一(合同会社アール)
KK9-5 タクシー乗務員の過重労働問題に対する実務と問い
根岸茂登美(藤沢タクシー株式会社)

部会企画

部会企画1  産業看護部会 研修会
「産業看護職のための有害物質管理の基本」
9月14日(金)10:30~16:00 多目的ルーム1・2室(30114・30115)
 
部会企画2  産業医部会 自由集会
「嘱託産業医の現状と課題 ~中小企業への関わり、連携、支援~」
9月15日(土)16:30~18:30 第6会場(31013)
 
部会企画3  産業衛生技術部会 シンポジウム
「わが国の産業衛生技術専門職について - ハイジニストの意義」
9月15日(土)16:30~18:00 第10会場(30211)
 
部会企画4  産業看護部会フォーラム
「働き方の変革期に産業看護職だからできる戦略的な活動とは
~これからの産業看護職の健康支援を考える~」
9月16日(日)14:00~16:00 第3会場(階段教室1)
 
部会企画5  産業歯科保健部会フォーラム
「さあどうする?特定健診の標準的な問診項目に歯科項目が加わって」
9月16日(日)14:00~15:30 第8会場(31016)
 

市民公開講座

「経営者から見た働き方改革と社員の健康」
9月15日(土)16:30~17:30 第1会場(片柳アリーナ)
座 長: 五十嵐千代(東京工科大学 医療保健学部 看護学科・産業保健実践研究センター)
演 者: 諏訪 貴子(ダイヤ精機株式会社 代表取締役社長)
  ~プロフィール~
「町工場の娘」の著者(NHKドラマ化)。東京都生まれ。
32歳で父の逝去に伴いダイヤ精機社長に就任。新しい社風を構築し、
育児と経営を両立させる若手女性経営者として活躍中。
日経BP社Woman of year 2013 大賞(リーダー部門)を受賞。

実地研修

実地研修1 株式会社朝日プリンテック 築地工場
9月14日(金)13:00~15:30
実地研修2 全日本空輸株式会社
9月14日(金)13:40~16:15
実地研修3 株式会社宮地鉄工所
9月14日(金)14:00~16:00
実地研修4 AGC株式会社(旧:旭硝子) 京浜工場
9月14日(金)13:00~16:00
実地研修5 東海旅客鉄道株式会社 新幹線大井基地
9月14日(金)12:25~15:30

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1
働き方の変革期における産業医業務の変化
日時: 9月15日(土)12:10~13:10
会場: 第3会場
共催: 株式会社メディカルトラスト
座長: 大久保利晃(産業医科大学 名誉教授)
演者: 辻  正弘(日立ソリューションズ 健康管理センタ)
平井 俊宏(有限会社グローイング)
ランチョンセミナー2
女性ホルモンと働く女性のパフォーマンス
~女性の仕事と更年期障害の現状から、医療ができるサポートを考える~
日時: 9月15日(土)12:10~13:10
会場: 第4会場
共催: 株式会社資生堂・富士製薬工業株式会社
座長: 須賀 万智(東京慈恵医科大学 環境保健医学講座)
演者: 岡野 浩哉(飯田橋レディースクリニック)
ランチョンセミナー3
産業保健領域でのデジタル・スマートフォンを活用した禁煙支援の成果
日時: 9月15日(土)12:10~13:10
会場: 第7会場
共催: 株式会社キュア・アップ
座長: 望月友美子(公益社団法人日本対がん協会)
モデレーター: 宮田 尚 (株式会社キュア・アップ)
パネリスト: 播磨 俊郎(野村證券健康保険組合)
大西 惠子 (コニカミノルタ健康保険組合)
宮本 繁人 (メットライフ生命保険株式会社)
ランチョンセミナー4
職域におけるアレルギー患者の抱える負担と意識ギャップ
日時: 9月15日(土)12:10~13:10
会場: 第10会場
共催: サノフィ株式会社
座長: 黒澤  一(東北大学大学院 医学系研究科 産業医学分野)
演者: 中原 剛士(九州大学大学院 医学研究院皮膚科 体表感知学講座)
ランチョンセミナー5
現代人の食生活とその問題点 ~本当の健康とは何か~
日時: 9月16日(日)12:00~13:00
会場: 第3会場
共催: 東洋ライス株式会社
演者: 井出 宣子(聖路加国際病院 栄養科)
ランチョンセミナー6
ストレスチェック義務化3年目の課題:医師面接の現状と改善に向けて
日時: 9月16日(日)12:00~13:00
会場: 第4会場
共催: 株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
座長: 土肥誠太郎(三井化学株式会社 本社健康管理室)
演者: 荒木  剛(株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 調査研究部)
寺嶋 洋一(株式会社レオパレス21 人事労務課 兼 ヘルスケア推進室)
ランチョンセミナー7
上気道感染症やインフルエンザの予防策 -冬場の心得-
日時: 9月16日(日)12:00~13:00
会場: 第7会場
共催: 大塚製薬株式会社
座長: 加藤 憲忠(富士電機株式会社 大崎地区健康管理センター)
演者: 新開 省二(東京都健康長寿医療センター研究所)

懇親会

9月15日(土) 18:30~21:00 3号館12階ラウンジ

閉会式

9月16日(日) 17:30~17:50 第3会場(階段教室1)

上記は平成30年7月29日時点のプログラムです。
日程・テーマ等は今後変更される可能性がありますのでご了承ください。